PAGE

2012-07-30

進化の種


どもー。ジョニーです!
えー、無事にインターンシップが終了しました!!
インターンシップに参加してくれた学生さん、お疲れさまでした〜!
今日は、その怒濤の一週間について、思い出しながら振り返りたいと思います。

初日に学生さんにあったときは、緊張している空気がしっかり伝わってきたので(笑
出来るだけいっぱい会話をして、早く黒木テックになじんでもらおう!と心に決めたのでした。
僕もインターンシップに行ったときは初日はガチガチで、4人の学生をみるとそのときの自分が思い起こされました。

一週間の実習内容ですが、インターンシップを受け入れるのはなんせ初めてなもので、試行錯誤しながらの一週間でした。
ポルトに視察に行ったり、部品の設計製図をしてもらったり、勉強会に参加してもらったり。
その他にも、これからの黒木テックを見据えて、いろんなことをやってみました。

ほんとうに、この一週間毎日面白かったんですが、
そのなかで一番よかったのが、やっぱり最終日でしたね!
初日と比べて緊張がほとんど感じられなくなっていて、楽しく最終日を過ごせたのが印象的でした。このままもう少し一緒に仕事したら、もっと面白いことができるんじゃないかと何度も思い、寂しかったですねー。

これだけ言えるのは、やっぱり学生さんが一週間精一杯頑張ってくれたからなんです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。


黒木テックは、学生さんを受け入れた5日間、間違いなく「変化」しました。
それも、ガラッと音を立ててかわったように。
こういう「変化」は、「進化の種」だと僕は思います。

このインターンシップというのは、高専生活で言えば、5年間のうちのたった5日間です。
けどこのインターンシップのたった5日間が、学生さんのこれからの進路や人生で、大小問わず何かの「変化」を生み、今後の「進化」のきっかけになれば幸いです。


さー週明けて、今日月曜日からフレッシュな人間がまた減りましたが(笑
また今日からしっかり働いて頑張りますよ!!!

学生さんも達者で!またどこかで会う日まで!!
それでは〜

2012-07-21

インターンシップ


どもー。ジョニーですー。
いやー、毎年「去年こんな暑かったっけー?」って思っちゃいますねw
事務所も工場もムンムンです(笑


さて、来週から当社にインターンシップで学生さんが職業体験をしに来られます!
僕の母校である「神戸高専」の学生さんです。

いやー、うれしいですね!楽しみです。
当社では初の試みなんで、手探り状態ですが、中小企業のおもしろさや大変さを、
仕事を通じて体感してもらえたらいいなと思っています。
また、”黒木テックらしさ”みたいなものも、感じ取ってもらえたらいいですね。

学生にとって、インターンシップって実はかなりいいチャンスなんです。
僕も高専ではもちろん、大学でも行かせてもらいました。
いろいろ勉強になりましたねー。
僕がそうやっていいチャンスをもらえたので、今度は恩返しです。

これからは、こういう学校や学生との交流の機会も増やしていきたいですね!
それではまた来週!

2012-07-10

東京出張!


おまっとさんでしたー!ジョニーです!
わーわー言ってるうちに、もう7月ですよ!早いですねー。
こんなこと言ってるうちに、2012年も終わってるんでしょーねーw


さて、ブログの更新が滞っておりましたが、1週間、東京へ組み立て工事へ行っておりました!
もちろん、ハイエースですw
秋田までと比べると、約半分の距離で行けちゃうんですね!お得!笑

行きは、約6時間半で行けましたー。470kmぐらいだったです。
いや、普通だと、6時間半もかかりましたっていうべきですねw

秋田に行ったときは、首都高に乗ったものの、都内で降りることはなかったんですが、
今回は、もろ都内です。

感想ですが、都内の道路はわけわからないですねーw
ナビがないと、初心者にはまず無理です。
けど、さすが東京。
マニア向けのバイクショップや車屋さんが、いっぱいありました!
車好きやバイク好きにはいい感じですw


順調に3日で工事を済ませ、帰還日の午前中にスカイツリー見学して帰りました♪
特に、うちの工場で話題となっていた、スカイツリーのパイプの溶接を見れてよかったです!


いやー、結構手作業感が出てるもんですねーw
もちろん現場でやっているところもあるでしょうから、当然っちゃ当然なんですが。

後で調べたら、半自動で現場溶接してるみたいです。
巷の噂では、根元のほうでは100パスも溶接しているとのこと。
溶接を継いでるところや、羽の跡なんかもしっかりわかりますね。

これだけの量を均等に溶接していくのって、すごい忍耐と技術がいるんですよ。
溶接部に、作業者の顔写真を貼ってあげてくださいw

でもこうやって、溶接部を擦らずに残してあると、
「ここ俺が溶接したんやで!」って言えて、一生もんですよね!
名誉あることだと思います。


日本の技術バンザイ!
それでは!