PAGE

2013-10-24

憧れの公道禁止


どもー。いきなりですがバイク買っちゃいました!笑
ヤマハのモトクロッサー 「YZ250F」ベースのモタードレーサーです!250ccですよー。いやー、オークションで運命的な出会いを果たし、気がつけばうちに嫁入りしてました。初レーシングマシン購入です。ナンバーも、ヘッドライト等の保安部品もなーんにもついてません!笑 つまりはサーキット専用なましーんです。

 
タイヤはミシュランのモタードスリックを入れました。市販タイヤと違ってレーシーでかっこいい!一応このタイヤも公道不可なタイヤなのです。いい値段するんですよねー、大事に使おう…。  

 
ハンドル周りもスッキリ!ブレーキ周りはブレンボさんでかためられています。。どこから眺めてもリッチな匂いがぷんぷんです。 なんといっても車重が軽いのがモトクロッサーの特徴で、これも90kg台しかなく、ハイエースにもエンジンかけずにジャンピングインできます。


始動方法はキックのみ。でも250ccモトクロッサーのキック始動には、九州でたっぷり経験してきたので、難なくバッチリです。しかもこのエンジン、スリッパークラッチが投入されているんです! こうやってレーサーは、無駄な部品がなく、走るために必要な部品で構成されているバイクなんで、「機能美」がすばらしい。

このYZで、国内4大メーカーのバイクは制覇したことになります!ブログの右欄にバイク歴コーナーつくりましたんで、よかったらご覧ください。
早速ですが、このYZで岡山国際走りにいってきました!感想はまた今度!
それではー。

2013-10-15

飛行機のボディワーク


みなさん飛行機には乗られる回数は多いですか? 私は年に1回もないくらいで、何かの機会に乗ることが出来るときはわくわくするんです! なぜならあのジェットエンジンの加速Gを味わうことができるからです(笑) ターボなチューンドカーもこんな感じなのかなーと思いを馳せながら離陸を楽しみます。


座席は羽の近くでした。 ずーーっとこうやって外のボディを眺めてました。 あのフィンは整流板なのでしょうか。 あれがあるのとないのでどうかわるのでしょうか。 風洞実験で空気の流れをみてみたい。。

 

ボディにはほぼスポット溶接のあととビスが目立ちます。 複雑なRで板金加工してありますね。 このスポット溶接はどういう意図でその位置にしているのかや、なぜこのようなビスの割り振りにしたのかが気になります。 ばらしたらわかるんですが(笑) この写真を見てるだけでも、ばらしたくてうずうずしてきます。。 


帰りの飛行機の翼表面にも、整流板とみられるフィンが取り付けられていました。 翼後部の稼働部に当てる空気を整流しようとしている?のでしょうか。 気になります。
SuperGTやF1でも複雑な形状・配置のエアロやウイングが見られますよね。 なにか通じるところを感じられます。 そんなことを考えながら、ずーっと窓の外を眺めてました。


最近出来たソラシドエアの機体です。 シンプルなカラーリングがかっこいいです! F1のブラウンGPチームっぽいですね。 若さ・フレッシュな感じを印象づけられます。 カラーリングデザインって大事です。

と今日は飛行機のお話でしたー!