PAGE

2014-09-28

憧れのオレンジ


ジョニーでございまーす。
さて9月終わりです。もう朝晩は寒さを感じる季節となってきました。もう2014年もカウントダウンですかね。最近は家に帰ると即シャットダウンで、なかなかブログの更新頻度が上げられず申し訳ないですが、今日は休日の日曜日で、ラジオを聞きながらゆったりモードでブログ更新してます。

さて今日はバイクの乗り換えをご報告します!
ブログにもちょこちょこ載せてきました黄色のDR-Z400SM@スズキを乗り換えし、KTMの690SMC-Rというバイクに乗り換えました!憧れのオレンジです!(中古ですが...)


私が大学生のときからその色、デザイン、走り、全てに憧れを感じていたメーカー、それがオーストリアのバイクメーカー「KTM」です。大学生のときに乗っていたDトラッカー@カワサキは、カッティングシートでオレンジにしていたくらい憧れていたメーカーで、一度乗させていただいた事があるのですが、そのとき感じた「うっわ!すげぇ!」という印象はいまでも忘れません。

「KTM 690 SMC-R」という名で、排気量690ccの大型バイクです。(初大型で、初外車です。。)最高出力はシングルで67hpあるにもかかわらず、その車重はたった約135kgという、なんともたまらないバイクなんです。このクロモリトラスフレームのオレンジが最高にかっこいいです。


そして久々のタコメーター付きになります。レンサルのオレンジバーパッドとUFOの白ハンドガードをすぐに取り付けました。全体の色合いを見ながら、それぞれの色を決めます。とてもいい感じです。ハンドルの高さ、角度も自分に合わせてリセットしました。メーターステーはアルミでオリジナルを製作し、位置、角度を微調整しています。一見純正っぽいですが、隠し味をいれています。


ブレーキはBremboが、サスペンションはWPが、純正で取り付けられています。こういうところは外車の特権ってところでしょうか。効きもスタイルも最高です。ホイールもオレンジアルマイトされていて、まー派手で注目を浴びるカラーリングですね。



排気量が上がってトルクもパワーも手に余るほどあり、車重は前のDR-Zと変わらないくらい軽く、面白さでいえば最高のバイクですね!ただ、ほぼコンペティション向けのバイクにナンバーつけたようなものなので、渋滞や長時間のアイドリングには弱く、エンスト連発してしまいます。。だいぶ慣れてきましたが。。そういう負の部分があるからこそ、正の部分であるおもしろさや楽しさは国産には感じ得ないものがあるので、全てをひっくるめて、このKTMでのバイクライフを楽しんでいきたいと思います!

股がるとサイドスタンドがはらえない!低身長・高車高にバンザイ!